スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「友達100人できるかな」 1巻 著・とよ田みのる

個人的ランキングによるラブコメの最高傑作「ラブロマ」の作者・とよ田みのる先生の新作マンガの第1巻。


これまで「ラブロマ」、「FLIP-FLAP」と恋愛要素を中心に据えて作品を発表してきた筆者が描く今作のテーマは「友情」。
そして藤子F不二夫先生的なS・F(少し不思議)的な雰囲気にあふれた意欲作。
実際作者HPに掲載されているデビュー前の作品はどれもSFだったりファンタジーだったりと、デビュー後の日常ラブコメとは大きく趣を異にする作品が多く、そういう意味では今回の作品は原点に戻ったといえるのではないだろうか。


ある日、妻の出産を間近に控えた小学校教師の主人公・直行の所に宇宙人が現れ、この星を侵略させないためには愛の存在を証明しなくてはならず、そのために直行は友達を100人作らなければならなくなる。
また宇宙人側からのハンディとして、友達を最も作りやすい年代である小学生時代に飛ばされた直行。
彼は友達を100人作り人類を守る事が出来るのか?
というのが大体のあらすじ。

しかしあいも変わらずのとよ田ワールド。
出てくるキャラ、出てくるキャラ好感が持てる好人物ばかりで、侵略に来た宇宙人ですら全く悪く描かれていないのが凄い。


また今作はとよ田先生が小学生だった80年代的な雰囲気を活かそうという思いもあるらしく、「オトナ帝国」や「20世紀少年」などよりも比較的若い世代のノスタルジーを誘うマンガという感じもこれから強くなっていきそう。


以前「フランケンふらん」の感想の際にブラックな藤子F先生が好きな方は是非!と書きましたが、このマンガは全ての(一般的なイメージの)藤子F先生好きなら一読をお勧めします。
本当にああいう少しふしぎな感じがありますよ!
小さなお子様から全てのかつて子供だった全ての大人に是非読んで欲しいマンガです。




ここからは若干単行本未収録分を含めての感想になるが、愛の証明に友情を選んだのが良いと思う。
これが恋愛などに基づく愛情をもって愛の証明とするような作品などは良くありそうなもの。
また家族愛についても同様にいえるが、これらの愛情の根底は自己とそれに類似する遺伝子を守り増やす本能があると考えられるのではないだろうか。
対して友情はそれらに比べるともっと損得勘定によらない結びつきであり、即ち愛の存在証明にうってつけだといえるのではないだろうか。

スポンサーサイト

「ミツヨシ完結編」 第五話 著・上山徹郎 (Jc.com5号掲載)

前々回で親父殿が死亡(?)してどうなったかと思いきや、まさかの胸冬が密厳襲うッ!
その真意は?
そして久々に(回想だが)僚矩が登場、彼女の人となりが少しは明かされた。
個人的にはもっと冷たい感じだと思っていたが、以外と熱血な感じもありの。
あとようじょ胸冬がかわいいとか。
豹牙の義手格好良いとか様々な感想があったが、すべて柳生姉妹のフェチ過ぎる衣装が全てを持っていってしまった。
扉絵の胸冬のむちむち具合が凄いとか思っていたのも全て一瞬忘れるインパクト!
なんなのアレ?下着なの?戦闘服なの?
ランポのフガク・アイドルフォームもそうだが上山(弟)先生の趣味はスゴイw


あと単行本がでるような感じらしい。
楽しみだなと思いつつも、今までのも新装版とかで集英社から出直したらまた出費が…

週刊少年チャンピオン39号

巻頭グラビアは小池里奈。
付録のポスターやらルポマンガやら力が入っているなあ。

続きを読む

「くまがヤン」 1ガリ目 原作・猪原賽 漫画・横島一 (漫’sプレイボーイ 9月20日号)

「悪徒」コンビの新作。
日本一暑い町・熊谷を舞台にした恋とか喧嘩とかガリガリ君とかそんな感じのヤンキーマンガ。

主人公・雁狩健吉(通称:ガリガリ)が憧れのおねーさんに告白するためにガリガリ君の当り棒を追い求めるッ!というのが大体のあらすじだろうか。
話のオチはベタなものであるし、ヤングジャンプとかに載ってそうなヤンキーマンガという説明で大体伝わりそうな作品である。

しかしながらキャラクターデザインが濃いというかなんというか、ものすごい能力バトルしそうな感じで、特に主人公の友人である麻生大と荒木武州は大ゴマと効果の入りもあって、スタンドなりアルター能力出してきても全く違和感無いですよ。
(悪徒を期待しているというのもあるだろうが)そういう意味ではこの作品は少し地味に纏まりすぎている感じもあるのだけれど、バトルではなくだらだらした日常を描くヤンキーマンガとしてはなかなか楽しく読めた。

他には特に漫画的な記号の無い地味に可愛いおねーさんを地味に可愛く描けているのが良かった。




あと背中に虎を背負ったアンちゃんはやっぱりファンサービスなのかな、と思ったり。

週刊少年チャンピオン38号

表紙はバキッ!
っていうか誰?って感じですがw
ポスターは中々格好いいと思う。単行本の表紙でも微妙なときもあるし。

続きを読む

週刊少年チャンピオン36+37号

表紙はバキ3倍!!!

続きを読む

週刊少年チャンピオン35号

今週は時間がないのでざっくりと。



弱虫ペダル
御堂筋がいい悪役過ぎる。
しかしザク発言は実はヲタとかそういうことだろうか。



クローバー
ハヤトの髪型変更はDEEが、ユイちゃんの再登場は中々嬉。



賭魚
大統領の押し付けがましい正義と善意がいい塩梅。
博徒とマフィアの対決もちゃんと描くのだろうか?



ムラマサ
日常回に戻って、ちょっと安心。
こういう兄貴キャラはいいな。



イカ娘
弱虫ペダルに続いてここにも不安の種が…



トンボー
安定して面白いなとか思っていたら、まさかの最終回。
の割には良くも悪くもいつもと変わらない感じだった。
このいじられようからすると、悪い形の打ち切りというわけではないのかもしれないが…
さっさと夏休みを終えて帰ってきて欲しい所であるが。
あと2巻は出るのか?



来週はバキ2話掲載。
そしてガイア外伝…
ガイア外伝はどうしたいのか?
プロフィール

デス川

Author:デス川
ネタなんだかマジなんだか解らない、馬鹿格好良いマンガやらメタルやらを好みます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。