スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年チャンピオン42号

表紙は聖闘士星矢NEXT DIMENSION冥王神話からフェニックス一輝ッ!



星矢ND
久々の登場。
普通に連載してたらそれなりに展開してるんだがなあ…
そしてフェニックス一輝降臨!とかいって全く登場してない件w



バキ
ピクル本気の本気はいいのだが、人類が手にした技術は烈や克巳の方が良かったんじゃあないかなあ。
そして編集のアオリがw最近のっているのか、自棄になっているのか。



弱虫ペダル
福富の「オレは強い!!」発言でワロタww
ハコガクは本当にネタの宝庫かw



バチバチ
気遣う振りをして場をコントロールしようとする王虎に精神的に追い討ちをかけられた田上さんの精神描写がなんかリアルで良かった。
闘士としては哀れまれるのなんか屈辱でしかないよな。
片手でさらに相手の肘を破壊する王虎さんぱねー



ナンバDE
教師が何を考えているのかがいまいち読めないのが不安。
そしてすっかり定着した肉マン、いい加減にしろw



星矢LC
ハーデスやっぱりパンドラ様を厄介だと思っていたのかw



賭魚
セクハラ発言でもイケメンが言えば許される、むしろ甘い囁きに!畜生ッ!
という思いもつかの間、ロブ・ハルフォードな入場シーンのアヴィと何か色々おかしいオマハに爆笑した。
このルールだとどう考えても人死にが出るなあ。
そして何の意味があるかわからないミカさんの女体カードテーブルッ!
学園長、実の孫になんて事をw



1と2
40周年記念企画。
学ランを着ると若返るのは半演出、半事実って感じか。
精神が肉体を変化させるのか。
しかし本連載分を読んでみたい感じだ。



AV
予想通りと言うか、若い二人の教師は味方になってくれた!
しかし吉沢さんが完璧超人過ぎて惚れそう。
そしてその精神に近づこうとする谷川も格好良いよ!



風が如く
五右衛門とかぐやが衣装チェンジ。
きゃわいいかぐやきゃわいいのォ~
甦りの箱が何か分からんなあ。
そして新キャラは誰だ?



じゃのめ
おねーさんえろい。
骸骨だったけど。
そして最後のコマの朝灯がなんか良い。
どう考えても朝灯はS。



ムラマサ
グラサンの米国人もだんだんでかくなってない?
つららがすっかり可愛くなって。



裏表紙のアトムがなんかキモいw
スポンサーサイト

「Endgame」 MEGADETH

インテレクチュアル・スラッシュとも言われた米国のベテランバンドの12th。

Youthanasia以降の歌メロを重視した路線も棄てずに、Rust In Peace辺りまでのこれぞメタル!な路線へ回帰するというのはここのところ2作(もしかしたThe World Needs A Heroから)と変わらないが、完成度という点で今作は比べ物にならないぐらい高みにある。

とにかく1曲目の弾きまくりインストから前奏なしで始まるエネルギッシュな2曲目というナガレから既にこの作品の若さというものを強く感じた。
それも年寄りのバンドが若者の真似をしてみました、みたいな感じでなくバンドそのものが若返ったようであり、同時に現在の若いバンド達と比べても遜色のないエネルギーに満ち溢れている。
それがデイヴ・ムステイン以外のメンバーチェンジによるものなのか、デイヴ自体が今ハイエナジーなのかは分からないが、とにかく凄い。

また新加入のGtクリス・ブロデリックのプレイはテクニック的にはデイヴよりもかなりテクニカルだが同時に、情緒的な感じが少なく勢いを重視したかのようなソリッドなリードはデイヴのリードの雰囲気と近く、そのためか楽曲とリードが非常に一体感があり、例えばマーティ・フリードマンなどが楽曲の雰囲気とは別に自分の個性を強く出したリードを弾いて、いわばその対比が魅力的だったのとはまた違った良さがあると思った。
またクリスのプレイに引っ張られたのかデイヴのソロプレイも非常に生き生きしており作品全体のエネルギッシュさの一因を成している。

とにかく近年まれに見る快作。
MEGADETHファンなら買って損無しッッ!!

「偽書ゲッターロボ ダークネス」 始動編 原作・永井豪・石川賢 作画・西川秀明

「職業殺し屋」で有名な作者による新たなるゲッターロボの伝説!


大体において名作とされるマンガの他者によるリメイク・新作の類は批判に晒されやすい。
原作のファンからすれば、下手なリメイクよりも原作の方が万倍楽しいし、それどころかリメイクによって原作が汚されたとさえ感じてしまうことすらある。
逆にリメイクした作者のファンからすれば、そんな昔の作品をやるぐらいならオリジナルの新作が読みたいと考えるだろう。
それに何よりも過去の名作のリメイクには企画色、商売としての色が濃く見えてしまうのもあまりいい物ではないだろう。

そういったこともあり自分はこの作品を正当に評価できているとは言えないかもしれないが、ゲッターが好きで職・殺も嫌いではない自分はなかなかに楽しめたとは断言できる。
(その理由の一つとしては本作をゲッターサーガからは独立した作品である、どころか偽書とまで言い放っていることにあるのだろうが)


敵は早乙女博士、そしてゲッター線よって進化した人間「イデア」。
そのため敵の額等にゲッター1でおなじみの亀の甲羅を思わせる幾何学模様が。
そうこの物語はゲッター対ゲッターの戦いなのだッ!
そのためかゲッターロボが「アンチゲッター線仕様」のロボということになっており、製作者も敷島博士ということになっている。
ゲッターチームも様変わりしている。
竜馬の代わりといえる了はチビでお調子者だが熱血漢というのは作品の雰囲気とは反するように少年・幼年マンガとして正しいキャラ変更のように思える。
反面、破壊衝動を抑えるために常に薬を服用し、一度切れると押さえの効かないハヤトは確実に歴代ゲッター2パイロットの中で最も頭が悪そうだ。
そしてまさかの美少女と化したムサシ。
…まあポケモンでもムサシは女性キャラだったしね。
彼女がこれから歴代ゲッター3パイロットのジンクス通り命を散らすことになるのか?なんかキャラデザがなんとなくメカメカしいので「私は3人目だから」とかいって復活しそうな、といったところでオリジナルのムサシがまさしくそんな状況になっていたのを思いだした。
そして號以降のハヤトポジションに早乙女達人がッ!
マンガではヤモリに精神を乗っ取られた挙句、実の父親に焼き殺された人が。
正直今までで最大の達人の活躍とかOVA新ゲッターで鬼に精神を乗っ取られかけたのを何とか精神力で持ち直したぐらいだぜ?

マシンの方はというと、ゲッター1がガラスの下に牙が生えてて今にも装甲を破壊しつつ口を開けてイデアを喰いそう。
ゲッター2の新武装のドリルワームが敷島製っぽくて素敵。
唯一デザインが大きく異なるゲッター3が如何にも水中用。




しかしなんといっても各所に引用されるアニメゲッターの主題歌の歌詞などからも作者がかなりゲッター好きなんじゃないかと思わせる。
ゲッター線によって進化したほとんど巨大ロボと化したイデアは真ゲッターで竜馬が見た未来の地球を思わせるし、敵が早乙女博士というのはOVA真(チェンジ)!ゲッターロボを思いだした。
それに敵も味方もゲッターであることから、原作が陥った現在を守るゲッターが未来の侵略者というジレンマも巧くかわして話が出来るのではないかあ。

欲を言えば果てがないので、とりあえず満足しつつ続巻を待つ。

続きを読む

週刊少年チャンピオン41号

表紙の矢島舞美嬢が結構ぎりぎりな感じだと思うのですが…



ナンバDE
巻頭カラー。
扉絵でついに島崎より肉マンが大きく描かれる様にッ!
マモル君は本当にいい奴だなあ。
教師からの追求は巧くかわしたとは言い難いのでこれからまた色々と追求されるのかと思うと…
今回のエピソードで得たものは藤田さんのヒロイン復権、肉マンの登場、マモル君ぐらいか。



バキ
ピクルの戦闘体形はティラノサウルスをイメージしたものになるのかな。
話が進んでないのは今に始まったことじゃないッッ!!



弱虫ペダル
あれ?最初はキモッ!キモッ!キモッ!と思っていた見開きタイトルページの泉田がなんだか格好良く見える。
これが…恋?
僕自身が筋肉になるんですよ!!だのアブアブアブ!だのシャワー室で云々だの面白過ぎてしょうがない!
連載当初は他誌に載っていてもおかしくないような少年マンガだと思っていたが、ここにきてチャンピオン漫画以外の何者でもなくなってきたッ!
しかし一般的な読者からしたらどうなのだろうと不安でもある。



バチバチ
巻中カラー。
田上にも人生が、ドラマがあることを少ないページながらひしひしと伝わってきたッ!
大ゴマ、見開きの使い方といい本当に熱いマンガだ。



クローバー
ゲンゲンのドロップキックの躍動感のなさは異常ww
そしてここまで引っ張っておいて出てきた敵は六鬼会…って誰だっけ?



風が如く
金さんは本当にいいヤツだなあ。
かぐやかわいい。
最後に出てきた新キャラは誰だろうか?
猿にまつわる昔話のキャラって何かいたっけ…



AV
ルカさんが男前過ぎる。
一緒になって喜んでいる若い教師たちより威厳があるよw
舞ちゃんと抱きつかれているじっちゃんが本当の祖父と孫のようで微笑ましい。
坪井の発言は確かに反感を買うかもしれないが、同時によく言った!とスカッとした。



Let'sダチ公
まさしく、なんだかしらんがとにかく良しッ!といった感じ。
しかしバトルは迫力というか勢いは物凄いモノがあった。
マンガの原作って一行でかけるんだ…



賭魚
タイマンはったらダチじゃあ!の伝統は今なおチャンピオンに受け継がれるッ!ということで宜しいか?
大統領が順調にフラグを立てていっております。



じゃのめ
山家先生と巴さんの関係を穿ってしまう俺の心は汚れている…
最近はほのぼのとした話がつづいてほんわかするな。



キャラバンがんぐ
ラブ・ピース君がほのぼのグロい。
面白くはあったけど、読みきりとしては少しインパクト弱いか。
せめて短期連載であった欲しかったな。
というか来週普通に載ってそうな感じが物凄い。



ムラマサ
回想シーンが主観違いなんだろうけど先週とあまり変化を感じずデジャヴ。
つららがすっかりドジっ娘に。
適当なぐるぐる目のつらら可愛いよつらら。
のぞみと白はなんで一緒に縛られてるの?爆発しちゃうよ。



来週から車田星矢が再開ッ!
面白くないわけじゃないんだけど間が開き過ぎるのであまり素直に楽しめないのよね。

「高校球児ザワさん」2巻 著・三島衛里子

野球部唯一の女子部員の日常を描く(少なくとも自分にとっては最高の)萌えマンガ第2巻ッ!


今巻では前の巻よりも、ザワさんを取り巻く周りのキャラが強く立ってきている。
特に仲良し4人組(?)である楠本、守口、花村は完全にそれぞれの性格を完全に把握できるようになった。


まああとはザワさんかわいい、ぐらいしか言う事がないのだが。

しかしザワさんのかわいさは女の子らしさを極限まで廃することで、逆にどうしても無くす事が出来ない女の子らしさが露になることであると思うが、そういう意味では巻末特典の読みきり版のザワさんは女の子らし過ぎてうるさい。
わびさびが足りない。

「でろでろ」16巻 著・押切蓮介

ホラーギャグというジャンルを一般に認識させたと言っても過言ではない?
押切蓮介先生の出世作がついに完結。

ついにこの時が来てしまったのである。
耳雄や留渦やサイトーさんや委員長やカントクや留渦に逢えなくなる日がッ!


作者HPで早い段階で告知があったため、この巻収録分は連載時既に終わりが近いのがわかっていながら読んでいた分である。
この巻はほぼ前編に渡り各話毎に各キャラのエピソードに決着がつくようになっている。
先輩は立派な社会人となり、日野家に両親は帰ってくる、といかにも最終回近そうな話が並ぶ。
しかし一番酷いのは相原である。
初登場時は薄幸の美少女といった感じで登場し、なんかホラー映画のCMを見せまくる妖怪の回で順調にフラグを立てていったかと思いきや、そのおとなしい性格が災いしてか途中主人公と全く絡みのない姉の方が出番が増える始末。
その反動かキャラがどんどん崩壊して行き、今巻では耳雄にちんこ見せろと迫る痴女にッ!
ンマーなんて破廉恥な!


さておき寿命が短いギャグマンガでここまで高いレベルで連載し続けてくれた先生には感謝と、その才能に驚嘆するほかにない。
良くも悪くも初期のアングラ臭にまみれたはちゃめちゃ感はもはやないが、楽しいマンガであり続けたのは、少なくとも私個人にとっては事実だ。

あと編集の人、留渦を可愛くしてくれてありがとう。
本当にありがとう。

週刊少年チャンピオン40号

表紙はバチバチ。
単行本発売記念とはいえ大変な力の入りようだ。
あと、キャッチフレーズ大賞の似顔絵が予想以上に小さいw
しかし大賞に相応しいいいキャッチフレーズだ。



バチバチ
巻頭カラー。
空流部屋の兄弟子たちが鯉太郎の事を好き過ぎるw
とりあえず前髪で目が見えない奴と、パチンコ雑誌読んでた奴は強いんだろう。
田上は外見だけなら親方でもおかしくない貫禄を感じさせるんだが…
いよいよ始まる一番。
盛り上がってきたッ!



バキ
金的が如何に痛いかを延々と語り続ける一話。
そういえば金玉は内臓を守る膜で覆われていて、そのせいで金的を喰らうとお腹が痛くなると聞いた事がある。



弱虫ペダル
寒崎兄がなんかちゃらい。
というか仕事とかないのか兄よ。
古賀先輩ともう一人の2年生はどこに?
鳴子と田所の仲良く喧嘩している様にによによしてたのに、最後の泉田のやらないかで爆笑してしまったw
くやしいw
しかも一度そう見てしまうと、マッチョさもまつげも坊主ってことも総てホモ臭く見えてしまうw
山岳はBLっぽかったが、泉田はガチムチ系の感じ。



クローバー
やっぱりチャンピオンで一番健全なのはこのマンガの気がしてきた。



風が如く
タコちゃんえろいかわいい。
信長が今の所文句なしで格好いいが、一瞬でも気を抜くとネタキャラと化しそうな怖さが…



みつどもえ
単行本書き下ろしのクリスマスパーティーの時に既にその兆候があったが、吉岡は正しい矢印が見えていなかったッ!というお話。
佐藤の読んでいる雑誌の裏表紙に見慣れた広告がw



ナンバDE
安藤君の小者振りが一線を超えて逆に楽しくてしょうがなくなってきた。
力が全てみたいな事言っておいて金で解決するとかw
結局喧嘩では相手が完全に改心しないパターンも前からあったし、それはそれで良し。
しかし本当の戦いはここからなんだろうな。



賭魚
扉絵の胸元麗しいマヨ様がお持ちになっているのはまさしくザック・ワイルド・モデルのギター。
うるさいロックは完全に山根先生の趣味なんだろうな。
チキンのカードを喰い破る竜が完全に人間じゃねえw
答えは日時計か?



AV
余裕面かましてた坪井の完全敗北にスカッときた。
成田が久々に主役らしいぜッ!
そしてルカさん男前。



京四郎
40周年企画。
原作未読だが、ギャグっぽい雰囲気と絵柄の中でバイオレンス描写が物凄い印象。
BADってレヴェルじゃねえ。



じゃのめ
紗矢ちゃんが明らかに邑君を意識している。
「空気ブクブクするやつ」だとかやたらと邑君が子供っぽいような。
やっぱりおじさんは詐欺の類だと思う。



ムラマサ
あのおねーさんが紺野兄だと気づいていなかった先週の俺…
ろりつららかわいい。
言っちゃあなんだがこの微妙な絵なのに(だからか?)こんなに女の子が可愛いなんてッッ!!



次回アイホシモドキの森繁先生が帰ってくるッ!
ジャンプSQ増刊に読みきり描いてたので秋田と袂を分かったのかと思っていたがそんなことは無かったぜ。
プロフィール

デス川

Author:デス川
ネタなんだかマジなんだか解らない、馬鹿格好良いマンガやらメタルやらを好みます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。