スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年チャンピオン16号

表紙はみつどもえ。
巻頭のみつどもえとのコラボグラビア企画。
みつどもえファンがこの企画をきっかけにグラビアの娘達のファンになるとは考えにくいので、逆が狙いなのかもしれないが、どうだろう…
クローバーとのコラボはお遊び企画としては悪くなかったのだけど、小学生のコスはきついよな。



みつどもえ
全キャラ集合の見開きカラー扉は、このマンガがこれまで築いてきたものを象徴するようで感慨深かった。

中身は登場したキャラたちの個性が存分に活かされていて、流石の安定感だが、逆にいて欲しいのにいないキャラが…
昼寝をしていた杉ちゃんまでも眠くなっているのに、一向にしゃべり止まないひとはって…



弱虫ペダル
暗闇で下り坂を飛ばす恐怖感をリアルに感じた。
田所っちが某イケメン鬼コーチのようなね。
さて、勝負はどうなる?



バキ
え~とバキさん、そんなこと言いに来る暇があったら、ピクルに挑戦するべきではないかと…
板垣×石井対談はなかなか興味深かった。



ナガレ
ナガレ父がワイルドすぎる。
金槌の漁師って、ちょっと某海賊マンガ思い出した。



ナンバデッドエンド
最初の吟子エピソードがシリアス過ぎて、馬鹿馬鹿しい話の入る余地が無くて心配してたのだけど、ここに来てMG5のころのノリが復活してきて安心した。
あと剛に普通に高校生らしい性欲があった描写は初めてではないだろうか?
完璧超人と化しつつあった剛が一気に身近に!

そしてここでまさかの大丸メイン回?



賭魚
父親は確実に偽者だろうと思っていたが、母親登場でわからなくなってきた。
月夜野さんはトムのためならたとえ火の中水の中。
健気でいい娘だ。
頭とかいろいろ緩い気はするけど。



トンボー
兄に惚れかけたときのリンコの顔が少女漫画っぽかった。
村長の時といい、リンコは惚れっぽいのか?



クローズ0
濡れてる捨て猫に傘を貸す不良って、ベタ過ぎて逆にものすごく珍しい!



ムラマサ
一線を超えたのぞみこわいこわい。
しかしえろい妄想で我鳴を使ったつらら、白の全裸を見て我鳴が暴走したのぞみの二つを鑑みるに、我鳴の使用条件のえろい状態というのは、格好とかでは無く、心理状態がということではないのか?
つまりのぞみはえろい格好をしているから我鳴を使えるのではなく、えろい格好をしていると本人が認識しているからと。
いかんオギオギしてきた。

白は星になったよ。



じゃのめ
血みどろ具合がおぞましくも美しい。
ぺろんしたで!?って言い方がかわいい。



AV
山守が転んだところで笑った奴が、気迫に押されて驚くシーンとか巧いなと思う。
最後のページの、俺たちの戦いはこれからだ感が半端じゃない。



風が如く
もう信長戦?
早過ぎるようにも思うが、ここでは顔合わせ程度で、因縁をもたせるに留めるのだろうか。



縞青
判定覆らずは予想通り。
お嬢がララァに。
「うちの兄貴が勝つわ」
縦に振る!のコマは本当に素晴らしい。



ジョギリ
ジョーはBJっぽいと思っていたのだが、対するDR.キリコ的キャラとなりそうなノコ挽きギィコが登場!
と思ったら次回最終回だとぉ!?
ここまでのクオリティーといい、今回の話だけ見ても1P目の演出といい、いいマンガであることは疑いようがないと思うのだが。



フルット
熱血喫茶行きたい。



次回からついにチャンピオン40周年企画が開始。
しかし板垣先生の描いたあばしり一家のキャラは覇道にしか見えませぬ…
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

デス川

Author:デス川
ネタなんだかマジなんだか解らない、馬鹿格好良いマンガやらメタルやらを好みます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。