スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミツヨシ完結編 第4話 (JC.COM4号掲載)

ごく一部で凄い人気があるかもしれない上山徹郎先生が描く「ドキッ女だらけの剣術勝負!忍術もあるよ」の最新話。


前々から購入していたんですが、上山徹郎先生のマンガで感想書いてるサイトもそう無いと思うので上げていくことにします。

感想書くの始めてなのでこれまでのあらすじとか作品解説とかも書こうとも思いましたが、近いうちに既刊の感想を書こうと思うのでそちらに書こうと思います。
ので今回の感想のみ。

小野慈狼右衛門唯常VS三好錆塊。
やたらと女性キャラをむちむちに描く上山(弟)先生ですが。唯常とか見るとそうでも無いですよね。
ただこれが上山(弟)先生の描くスマートキャラの限界な気もしますが。

唯常が予想以上に強かった。
錆塊に勝つにしてももっとギリギリな感じかと思ってましたが。
正直、胸冬と同等かそれ以下とか考えててすみません。

虫幽士が徐々にクリーチャー化しなくなっているのは、なんぜ?
まあ人間の姿のまま強いほうが格好良いよね!

織晴金(おりはるこん)、蝦煮鉛(がまにおん)。
先生…大好きです!こういうの。


しかし正規の手続きでやってきた使者を無礼打ちって話ですよね?
虫幽士側もそうとうアレなんで別に良いのか。

まあ正直ストーリー云々では無く絵というかアクションで魅せるマンガなんで別に良いのですが。


最後に完全に密厳のコンパチキャラと化した猿飛殺助登場。

時系列的には前回と同時ぐらい?
密厳の刀修理の話から時間が経っているなら密厳登場かなあ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

デス川

Author:デス川
ネタなんだかマジなんだか解らない、馬鹿格好良いマンガやらメタルやらを好みます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。