スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ミスミソウ」 3巻 著・押切蓮介

話題騒然、悲痛の精神破壊(メンチサイド)ホラーついに完結!!(帯のタタキによる)


今まで散々どろどろとした狂気の絡み合いを描いてきた物語も完結。

雑誌掲載時に全話見ていたため、買ってから1週間ほど放置してしまっていた。
重い話を読むのは気が進まない…


さて、作品初期からそうだったが、普通に社会生活が送れている程度に隠れていた各キャラの狂気が露になってくるという流れは、ひしひしとした恐怖がある。
自分の近しい人たちもこのように狂気を抱えているのではないか、否、自分こそが気づかぬだけで狂気を抱えており、何かのきっかけで狂気に支配されることにならぬとも限らないだろうか…そんな恐怖。


また終盤に向かうにつれて、これまでの各キャラの立ち位置が一気に変わっていくことが話にダイナミズムを出していたと思う。
いじめっ子(なんか言葉が軽いな)側のボスと読者に思わせていた妙子、主人公・春花の支えだった相場、春花に最も近い位置にいたはずの佐山などのキャラクターがここに至って全く違う面を見せて行きながら物語は収束していく。


さて、凄惨な復讐劇の果てにハッピーエンドがあるはずも無く、実際的に何一つ救いが無いままのくせに、雰囲気だけは爽やかな感じで終わらせたようなラストには好悪あるとは思うが、個人的にはせめて雰囲気だけでも爽やかに終わらせてくれたのはありがたかった。
これで雰囲気まで暗かったら立ち直れなかったと思う。


繰り返し読みたくはないが一度は読んでみて欲しい、そんなマンガ。
ただこの読後の嫌な感じを人に味あわせたいだけかもしれないが…

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

デス川

Author:デス川
ネタなんだかマジなんだか解らない、馬鹿格好良いマンガやらメタルやらを好みます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。