スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「風が如く」 3巻 著・米原秀幸

Funky adventures of Goemon the king of thieves!第3巻!


石川五右衛門、現代からやってきたワープ君、謎の少女かぐや、そして金太郎、パンダの坂田さんと一味がそろい、敵が織田信長であることが前巻が示され、ここから五右衛門一味と織田軍団のかぐやを巡る長い戦いが始まるかと思いきや、まさかの序章完ッ!
そして物語はスーパー昔話大戦の様相を示し始める。


個人的にはこの巻で今までそういうもの、と説明の無かった史実と作品世界の違いについて一応の説明が成されていたことで、史実との違いが気にならなくなり作品を素直に読むことが出来るようになった。

さらに考えれば、ワープ君は過去に呼び出されたのでは無く、彼の世界とは似ているが異なる世界に呼び出されたことになるし、かぐやの能力も現在作品内で呼び出されたアイテムを見る限りワープ君とほぼ同時代の物に限定されている。
このあたりについても納得の行く説明がされることを今から期待している。



ストーリー的にも前巻での金太郎のエピソードが少し冗長に感じられたのに対して、今巻は怒濤の展開である(雑誌掲載時打ち切りを心配したほど)。
あとは五右衛門の性格が前巻までよりかなり良く見えること、目的がはっきりしたことなども作品として相当のプラスになっている。
また敵キャラたる織田軍団もまだ数ページしか出番の無いものの既にキャラが立っていて本格的な活躍に早くも期待が高まる。


著者も書いていたが、まさしくこの巻まではいわば舞台を整えているだけの序章であり、ここからファンキーでキング・オブ・シーブズな五右衛門の物語が始まるのである。


しかしスーパー昔話大戦といえば現在少年サンデーで連載されている「月光条例」が浮かぶ人もいるだろうが、それとは全く方向性が違うと感じる。
それどころか現在同じく週刊少年チャンピオンで連載中の「幻仔譚じゃのめ」もかちかち山のオマージュ的な話があるなどネタが被ってそうなのに、全くそう感じさせないところがそれぞれの作者の個性というものなのだろう。



あと特記すべきは大人かぐやが非常に可愛いことだろうかw
作者の過去作品を見てもこのキャラの出来は過去最高ではないかと…

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

デス川

Author:デス川
ネタなんだかマジなんだか解らない、馬鹿格好良いマンガやらメタルやらを好みます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。