スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「でろでろ」16巻 著・押切蓮介

ホラーギャグというジャンルを一般に認識させたと言っても過言ではない?
押切蓮介先生の出世作がついに完結。

ついにこの時が来てしまったのである。
耳雄や留渦やサイトーさんや委員長やカントクや留渦に逢えなくなる日がッ!


作者HPで早い段階で告知があったため、この巻収録分は連載時既に終わりが近いのがわかっていながら読んでいた分である。
この巻はほぼ前編に渡り各話毎に各キャラのエピソードに決着がつくようになっている。
先輩は立派な社会人となり、日野家に両親は帰ってくる、といかにも最終回近そうな話が並ぶ。
しかし一番酷いのは相原である。
初登場時は薄幸の美少女といった感じで登場し、なんかホラー映画のCMを見せまくる妖怪の回で順調にフラグを立てていったかと思いきや、そのおとなしい性格が災いしてか途中主人公と全く絡みのない姉の方が出番が増える始末。
その反動かキャラがどんどん崩壊して行き、今巻では耳雄にちんこ見せろと迫る痴女にッ!
ンマーなんて破廉恥な!


さておき寿命が短いギャグマンガでここまで高いレベルで連載し続けてくれた先生には感謝と、その才能に驚嘆するほかにない。
良くも悪くも初期のアングラ臭にまみれたはちゃめちゃ感はもはやないが、楽しいマンガであり続けたのは、少なくとも私個人にとっては事実だ。

あと編集の人、留渦を可愛くしてくれてありがとう。
本当にありがとう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

相原さんをもうちょい幸せにしてあげて!
と、相原さん好きの俺のコメント。

連載でしか読んでなかったけど、耳雄の、相原さんへの最終評価って「好きではないしむしろ少し苦手」くらいで終わってたっけ?

コメント返し

>hktyrさん
最終的にはいくらかマシになっていたようですが、相原さん単独の最終エピソードでは耳雄にそこらの妖怪など足元にも及ばないような化物と認識されていた事が判明してました…
プロフィール

デス川

Author:デス川
ネタなんだかマジなんだか解らない、馬鹿格好良いマンガやらメタルやらを好みます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。