スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Red Album」 BARONESS

米国のポスト・メタル(?)、アート・メタル(?)バンドの1st。


購入前にマイスペで聴いた曲が6曲目「Wanderlust」だったのだが、その時の印象は「MASTODONみたいな音楽なのかな」といったものだった。
しかし実際に全曲を聴いてみての感想は、MASTODONとISISの間ぐらいの音像に全く先の読めない曲展開に変拍子といったところか。
とにかく曲を聴いていて「これはもうメタルの範疇ではなくてポスト・ロックとかそういうのの側なんじゃないか?」と思ったところでメタリックなリフや展開がやってきたりするのが心憎いというか、逆に混乱させられるというか…
その他の特長としてはクリーントーンのギターによるアルペジオの多用とか、ツインリードによるハモリのフレーズが一般的なメタルのようなクラシック、もしくは欧州のフォーク辺り由来のメロディではなく、なんとなくオリエンタルな香りのする独特のメロディラインを仕様していることとかか。
最もその辺りが保守的なメタルファンからはじかれそうな要素でもあるのだが。

全体的に器楽(特にギター)を中心としたアンサンブルを楽しむバンドといった印象で、浮遊感のある歌メロを歌うヴォーカルはそれ単体ではそれほど魅力的とは思わなかったが、バンド全体で見ると巧く溶け合っていていい感じ。


個人的なお気に入りは2曲目「The Birthing」。
中間のブレイクからツインギターのリフが始まり徐々にドラムのビートが盛り上がっていくナガレなどは、大きく変質してはいるがIRON MAIDENの長尺の曲などに見られる王道のヘヴィメタル的展開で、ガッツポーズ、否!メロイックサインを掲げずにはいられないと思うのだが、如何か?


正直ヘヴィメタルが好きな全ての人に薦められるようなバンドで無いのは承知しているが、個人的には大ハマりした。
2ndも早速注文済。
楽しみ。

1st、2ndともにジャケは素敵だし、日本盤が結構安価なのもありがたい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

デス川

Author:デス川
ネタなんだかマジなんだか解らない、馬鹿格好良いマンガやらメタルやらを好みます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。