スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ミツヨシ完結編」 上巻 著・上山徹郎

「隻眼獣ミツヨシ」の連載中断から4年…4年かあ。
とにかくついに単行本の発売だッ!
しかしJC.COM連載時に全て読んでいたのでストーリー的な感想はあまり書くことないです(汗
とはいえ、こうしてまとめて読むとまたちがったものが見えてくるものだ。

1話後半の胸冬と松千代の稽古のシーンと、3話の唯常と松千代の稽古のシーンはホーズも構図もほぼ同じことに恥ずかしながら全く気づいていなかった。
これは近道をしようと焦る松千代に対して、結局実力者からのアドバイスは変わらずという演出だったのだな、と思った。


しかし完結編になって当初一旦落ち着いたかと思わせてからの展開が怒涛過ぎて驚く。
霧隠荷臓の驚愕の正体からの展開やら、殺助との因縁やらあと下巻だけでどうこうなる量なのか?

ランポでも過去の因縁とかは匂わせる程度ではっきりとは描写していなかったので、徹郎先生はそういうのが好きなんだろうか。
いかんせん作品が少なすぎて判断しかねるが。

この感じでは僚矩の魔界転生はないかな~

しかし最後のあるキャラの紹介文で「彼女の出番はひとまず終了」と作者にネタバレされるとは思わなかったw
唯常が大活躍する可能性もあったのにッ!


JC.COM収録時の扉絵がなかったりするので、マニアの方はJC.COMの方も買おう。
コミックと同じ扱いなので今でも創刊号から手にはいるぞ。
逆に単行本にはカラー口絵がついてくるぞ。
しかし徹郎先生はモノクロ原稿のすさまじさに比べるとカラーは、こう何と言うか…
兄上に塗りを頼んだ方がいいんじゃないかと思わないでもない。
そういう意味では表紙をモノクロ調にしたのは正解だったと思う。


ともあれ自分は上山徹郎先生は日本漫画界でも有数の画力を持つ漫画家と思っているので、作品の前編たる「隻眼獣ミツヨシ」とともにお薦め。
むちむちの女剣士(女十兵衛)たちがクリーチャー(真田・虫幽士)どもとパンチラやらしながら戦う作品なので、少しでも興味を持たれた方は買えばいいと思うよ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

デス川

Author:デス川
ネタなんだかマジなんだか解らない、馬鹿格好良いマンガやらメタルやらを好みます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。