スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ミツヨシ完結編」 上巻 著・上山徹郎

「隻眼獣ミツヨシ」の連載中断から4年…4年かあ。
とにかくついに単行本の発売だッ!
しかしJC.COM連載時に全て読んでいたのでストーリー的な感想はあまり書くことないです(汗
とはいえ、こうしてまとめて読むとまたちがったものが見えてくるものだ。

1話後半の胸冬と松千代の稽古のシーンと、3話の唯常と松千代の稽古のシーンはホーズも構図もほぼ同じことに恥ずかしながら全く気づいていなかった。
これは近道をしようと焦る松千代に対して、結局実力者からのアドバイスは変わらずという演出だったのだな、と思った。


しかし完結編になって当初一旦落ち着いたかと思わせてからの展開が怒涛過ぎて驚く。
霧隠荷臓の驚愕の正体からの展開やら、殺助との因縁やらあと下巻だけでどうこうなる量なのか?

ランポでも過去の因縁とかは匂わせる程度ではっきりとは描写していなかったので、徹郎先生はそういうのが好きなんだろうか。
いかんせん作品が少なすぎて判断しかねるが。

この感じでは僚矩の魔界転生はないかな~

しかし最後のあるキャラの紹介文で「彼女の出番はひとまず終了」と作者にネタバレされるとは思わなかったw
唯常が大活躍する可能性もあったのにッ!


JC.COM収録時の扉絵がなかったりするので、マニアの方はJC.COMの方も買おう。
コミックと同じ扱いなので今でも創刊号から手にはいるぞ。
逆に単行本にはカラー口絵がついてくるぞ。
しかし徹郎先生はモノクロ原稿のすさまじさに比べるとカラーは、こう何と言うか…
兄上に塗りを頼んだ方がいいんじゃないかと思わないでもない。
そういう意味では表紙をモノクロ調にしたのは正解だったと思う。


ともあれ自分は上山徹郎先生は日本漫画界でも有数の画力を持つ漫画家と思っているので、作品の前編たる「隻眼獣ミツヨシ」とともにお薦め。
むちむちの女剣士(女十兵衛)たちがクリーチャー(真田・虫幽士)どもとパンチラやらしながら戦う作品なので、少しでも興味を持たれた方は買えばいいと思うよ。

週刊少年チャンピオン1号

ついに、ついに、ついに「みつどもえ」アニメ化ッ!
巻頭カラー&一挙2話掲載じゃい!



みつどもえ
アニメ化決定しかもTVアニメだッ!
おめでとう、おめでとう。
とりあえず三つ子のキャラ設定画が公開されたけど、なかなかいい感じ。むふう…
一挙2話掲載の1話目は三つ子とチーム杉崎(マイナス1)が銭湯に行く話。
水中で絡まるすぎみつにぽんぽこぽんにと色々とピーキーだぜ。
しかしいつかのギャルが再登場したのは予想外な驚き。
2話目はやべっちと草二郎の入浴シーンが目を引く(もしくはただ引く)エピソード。
いや、ひとはとやべっちの仲の良さを再認識とか、やべっちがロリじゃないはずなのに銭湯について行きたがってたり、とかそういうのがメインなんだろうが。
次号もTVアニメ記念でセンターカラー&特報!らしい。



刃牙
なぜ?なぜ今アライJr?
そして範馬刃牙になって完全に消滅したかと思われた梢がまさかの再登場ッッ!!
しかしお隣同士で朝パンをくわえたまま家を出たところで鉢合わせ→登校しながらイチャイチャ、のベタなラブコメのようなナガレを楽しいと感じてしまった俺は大丈夫なのだろうか?



バチバチ
「どす恋」化粧まわしは確かに恥ずかしいw
マコ姉と顔を合わせて子供のような表情になる鯉太郎→鯉太郎に駆け寄るマコ姉、意味深なお嬢の表情→マコ姉会心のフライングニーのナガレは爆笑したw
そんな息抜きの回かと思いきや、鮫島家の父子の繋がりを認識させるエピソードが感動を誘う、こいつは本当に凄いマンガだッ!



ナンバDE
売り言葉に買い言葉というか、両親の方もショックで冷静な対応が出来ていなし、剛は剛でそれを言っちゃいかんだろうというセリフを言ってしまったし。
本当にリアルな親子喧嘩というか、家族間での確執みたいな嫌な雰囲気がひしひしと伝わってきて読んでて涙目になった。
ここからは松を連れての五代ん家お泊り編かな☆と無理矢理明るい気分になっておく。



弱虫ペダル
巻中カラー。
ついに坂道に二つ名がッ!
その名も「ヒメ・ダンシング」ッッ!!
このままTWO突風に並ぶ二つ名マンガへの道を突き進んで欲しいぜ。



イカ娘
1P目の血を拭う早苗格好良すぎワロタw
毒気の無くなった早苗といい「おはようでゲソ」のコマのイカ娘といい作者が画力を活かしていいネタを描いていると感じた。
というか最近面白すぎじゃなイカ?



聖闘士星矢LC
弟の命を胸にアスプロスがハーデスに挑むッ!
これは久々に燃える展開だ。
そしてまさかのパパ登場ッ!



ドカベン
高齢童貞の元に高校卒業したばかりの女の子がおしかけ共同生活なんてsneg?



ギャンブルフィッシュ
ヒロインズの水着姿がまぶしいぜ。
しかしキノコは、カイザーは何処じゃ?
しかしエミリーがトムに抱きついたコマでの真夜様の表情は今までにない感じでかわいい。
そして少年誌の限界に挑戦したかと思ったアヴィのシルエットは、鍛錬を怠らないアヴィの真面目さを表した演出だったぜ。
ここまで引っ張るということはモーリーは何か凄い秘密があるのだろうか。
あとはすっかり仲良しな龍とロメロが和む。



電遊日記
まさか最終回が迫っているとは…
いつも当たり前のようにそこにいたから、失う寸前になってようやく君の大切さに気づいたんだ。
というか、普通に毎回楽しみだっただけにショック。



クローバー
道具持った24人対実質2人でも勝つかと思ったが、そんなことはなかったぜ。
しかし何より笑ったのがボロボロになっても釣りをするハヤトw



幻仔譚じゃのめ
朝灯ってクラスメイトからブラコン扱いされてるんだ。
邑君はシスコンって感じがするけど、朝灯はみんなに優しいんだと思っているのだが。
伊原・藤吉がいつの間にかコンビみたいになっていてニヨニヨする。
ともあれ都君の勇気で事なきを得た。
しかし境家の家紋っておま…おまんじゅう工場じゃなイカ?



第73回新人まんが賞結果発表
総評でも言われているが今回はかなりの豊作だったらしく、審査員の先生方の評価も暖かいものが多い。
そんな中、一人めちゃくちゃ辛口な渡辺先生におびえる。
一時相当辛口だった米原先生ですら甘甘だというのに。
審査員は誰が辛口でコメントするか事前に決めてるのか?とか疑いたくなるぐらいだ。
まあ評価される側からすればダメ出しされた方が次に繋げやすいから親切であるともいえるのだが。
あと渡辺先生はこれまでの苦労が多い人だから、今までこういうことを散々言われてきたんだろうな、とも思う。
応募者のモチベーションを上げる、作品の質を高めるためのダメ出しをする。
両方やらなくちゃいけないのが審査員のつらいところだ。
応募作はワンカットのみなのでそうそう評価はできないが、重本先生のタッチに高橋葉介っぽいものを感じたのだがどうか?
あとは全体的に若いですねみなさん。
浜岡先生のコメント「絵的にある漫画に似てますが、おもしろかった(中略)絵がみつどもえに似ているのが気になる以外、最高100点。」に笑ったw
結局言うのかよw



風が如く
五右衛門のアクション時の風は演出ではなくて本当に風が吹いていたのかw
以蔵のツンデレぶりにおののく。
信長は深追いしなかったことで威厳が傷つかずにラスボスの風格を保ったな。
悲しい物語だが、以蔵は未だ友情を感じているようだったので、救いがあった良かった。
というか、以蔵は五右衛門を恨む感じで回想編が終わると予想していたので意外だった。
これが予想は裏切り期待には答えるというやつか。



武将バレー
ここまでテンポよく話が進んでいっているのが好印象。
たかし麿先輩の理屈もいいハッタリ理論で素晴らしい。
秋の新連載攻勢唯一の成功例か。
しかし少年マンガの主人公でセッターってちょっと地味かな。



妖変ニーベルングの指環
最終回。
正直話としてはあまり分かりやすいものではなかったし、最初に示された「実は未来」設定も特に意味なく終わったりと、画力がなかなかであった割になんとも勿体無かったようにも思う。
戦乙女が可愛かったのは評価できる。



カヅエ
最終回。
正直、まんが賞受賞作の力づくの方向性を生かしきれずに迷走した挙句に終わった感がある。
おっぱいネタを延々とやるぐらいならさっさと話を進めた方が良かったのではないかとも思うが、とりあえずお疲れ様でした。



ガリガリ
クローバー、クローズゼロを遥かに超えるヴァイオレンス描写に怯える。
しかし次回最終回だと?



次回から冬の新連載攻勢が開始ッ!
所十三先生は安定感があるだろうし、佐渡川準先生、細川雅巳先生の新作にも期待出来そう。
増田英二先生は前作はそれ程良かったとは思えなかったが、絵柄が大きく変わって洗練された印象だ。
そして個人的にはなんといってもフクイタクミ先生の復活が嬉しい。
みつどものTVアニメ化といい、2010年はチャンピオンの年になるぜッ!
きっと、たぶん。

「Red Album」 BARONESS

米国のポスト・メタル(?)、アート・メタル(?)バンドの1st。


購入前にマイスペで聴いた曲が6曲目「Wanderlust」だったのだが、その時の印象は「MASTODONみたいな音楽なのかな」といったものだった。
しかし実際に全曲を聴いてみての感想は、MASTODONとISISの間ぐらいの音像に全く先の読めない曲展開に変拍子といったところか。
とにかく曲を聴いていて「これはもうメタルの範疇ではなくてポスト・ロックとかそういうのの側なんじゃないか?」と思ったところでメタリックなリフや展開がやってきたりするのが心憎いというか、逆に混乱させられるというか…
その他の特長としてはクリーントーンのギターによるアルペジオの多用とか、ツインリードによるハモリのフレーズが一般的なメタルのようなクラシック、もしくは欧州のフォーク辺り由来のメロディではなく、なんとなくオリエンタルな香りのする独特のメロディラインを仕様していることとかか。
最もその辺りが保守的なメタルファンからはじかれそうな要素でもあるのだが。

全体的に器楽(特にギター)を中心としたアンサンブルを楽しむバンドといった印象で、浮遊感のある歌メロを歌うヴォーカルはそれ単体ではそれほど魅力的とは思わなかったが、バンド全体で見ると巧く溶け合っていていい感じ。


個人的なお気に入りは2曲目「The Birthing」。
中間のブレイクからツインギターのリフが始まり徐々にドラムのビートが盛り上がっていくナガレなどは、大きく変質してはいるがIRON MAIDENの長尺の曲などに見られる王道のヘヴィメタル的展開で、ガッツポーズ、否!メロイックサインを掲げずにはいられないと思うのだが、如何か?


正直ヘヴィメタルが好きな全ての人に薦められるようなバンドで無いのは承知しているが、個人的には大ハマりした。
2ndも早速注文済。
楽しみ。

1st、2ndともにジャケは素敵だし、日本盤が結構安価なのもありがたい。

週刊少年チャンピオン52号

表紙は山本梓だけど、まだまだ続くよ弱ペダ祭!



弱虫ペダル
巻頭カラー。
見開きの巻島さんが格好良過ぎる。
東堂がうざいけど、可愛い。
かわウザいとでもいうのだろうか?
しかし鳴子は友情に厚いというか、甘ちゃんと言うか。
反面、坂道メンタル強いな。
そしてどんどん良い先輩キャラっぷりを強めてくるパーマ先輩。
空気化が止まらないヒロインにももっと出番をッ!



みつどもえ
先週の重大発表予告はなんだったんだw
まさか来週に超重大発表することだったなんて…
他誌なら暴動物、しかしそこにしびれry
本編はおなじみの勘違いネタだが、娘をエロ素晴らしい扱いされたのに純次は冷静だな。
というか「えろ素晴らしい」ってひらがなにするとめちゃくちゃムラマサっぽいな。



ナンバDE
なんというか普通の家庭と全く真逆のベクトルで期待されて、それを裏切ってるのが申し訳なくて、という一歩間違えればギャグにすらなってしまうであろうシチュエーションなのに、この場の気まずい空気感が物凄い。
五代の強がりとか軽い描写もあるが、家庭の問題(特に親子の問題とか進路とか)ってヤンキーマンガが避けがちなテーマを重く描いているこのマンガはやはり傑作だと思う。
が、しかしいい加減スカッとする展開も欲しい。
息が詰まりそうなんだッ!



賭魚
まさかの椅子破壊はどうかと思ったが、ここまで人死にを出さずぎりぎりのラインで少年マンガたろうとしている事には好感が持てた。
それはミカさんの脱衣についても同じ事。
若干アヴィの強さが落ちたようにも思うが、カイザーの株が上がりまくったから良いかw
しかし、ごたごたにまぎれてマウントラッシュモアの件をうやむやにした大統領はある意味有能。
一国の宰相たるものそのぐらいの面の皮の厚さは必要ということか。



キガタガキタ!
40周年企画。
原作は設定とかだけ知っていて未読だが、普通に西条マンガとして楽しめた。
そういった意味で特出すべき点は女の子が爆乳じゃないw
それはさておき、悪霊なんか「へ」でもねーやのコマがなんか初期押切蓮介みたいなB級C級ホラーマンガみたいで素敵だった。
つのだじろうと鬼形礼の対談は、対談云々よりもつのだ先生の話が純粋に興味深かった。
あとは「現代の科学はまだ不完全で解明できてない事が沢山ある」という発言には好感を持ち、共感した。
「この世には科学では解明できない事がある」とか言い出すオカルト好きを目にするたびに「この世の理を解明しようとする心意気こそ科学だッ!」とか言いたくなる様な理系人間なので。



バチバチ
泣くヤンキーくんやら、大喜びのおっさんどもやら、不安げなマコ姉やら、様々な人の想いが渦巻きながらも、ひとまずは鯉太郎の勝利を喜びたい。
しかし負けて落ちるかと思われた王虎の格が、落ちるどころか仕置き直後のシグルイキャラ並みに禍々しくなっていて、このマンガは凄い!と感じる。



クローズ0
本家では女キャラ皆無のクローズでラブコメしてる、だと…
面白いので全然かまわないが。
むしろ映画であった拳さんのヤクザエピソードの方が激しく浮く予感。
というかやらないのかなあ、もうタイミング的に。



クローバー
「いいかげん釣りさせろ!!」「しるか!!」に笑ったw
なんぞこれw



下手漫
秋田書店の女性編集者がドS過ぎておぎおぎするぜッ!



風が如く
エクソシスト状態な五右衛門が怖い!
本当に師匠はいい人だなあ。
これは再登場希望。
しかし再登場したら悲惨な殺され方しそうというジレンマッ!
以蔵は成長後の姿ありきでデザインされてそうだから出るだろうが。
ここで信長登場か。
信長が里を襲う→五右衛門が里を守るために風神解放→里全滅、のナガレかなあ?
の割には信長と五右衛門に面識がなさそうだったが。



イカ娘
新キャラ・清美が使い捨てにするのがもったいなすぎるぐらい可愛い。
最後の早苗の笑みから、イカ娘の表情、そして落ちの流れは見事。
編集のアオリもいい感じだ。



じゃのめ
都くんは小動物系のショタだな。
化物を実験台にしていた教師だとか、それを封じた教師だとか、この町はどうなってるんだ!?
そういや以前元教師のじいさん出てこなかったっけ?
彼に訊けば何か分かるかも…って言ってる場合じゃないほど邑君ピンチッ!



電遊日記
モリソンいいよモリソン。



武将バレー
たかし麿がいい先輩過ぎて吹くw
ギャグとシリアスの綱渡り、今の所は上手くいっている感じ。
今回の新連載陣の中では一番好きだ(下手漫は別として)。



フルット
フルット押し出しで負けなくて良かったな。
アオリを見て、なんだか嬉しくなった。



次号は「みつどもえ」が巻頭カラー&一挙2話掲載。
そして超重大発表が!
ここまで盛り上げてする発表といったら、アレかな?それとも?
え~とペダル祭はどうなったとかは訊かないでおこう…

週刊少年チャンピオン51号

完全に1週間以上経ってしまったが…
休載だというのに「みつどもえ」が表紙を飾っている、そんなレベルの作品になったという事か。



弱虫ペダル
坂道落車。
しかも最下位。
すまなそうな主将に、わかってるッショって感じに微笑む巻島さん。
そしてテンション高いな、東堂。



バキ
これでピクル編は終わったのか?
動物の頭部って結構食べるところ少ないよな、とかそんな事を考える。



バチバチ
本当に右手を骨折してしまった王虎。
大ゴマ・見開きの連続で勢いと迫力が半端ではない。
ついに文句無しの完全決着ッ!



賭魚
ファイブカードは予想の範疇。
しかし大統領が頭を撃ち抜くとは…
たしかにギロチンで首を落とされたあとも瞬きで合図を送り続けた話は聞いた事があるが。



オヤマ!菊之助
40周年企画。
「オレたま」で分かっていたことだが絵柄の変化が半端ねえな。
そして当時はもっと過激だったような気もするが、お祭企画的には中々良かったという印象。



ナンバDE
剛の悲痛な叫び、しかし届かぬ拳。
思いは猛に伝わったか?
猛酷いと思いつつも、最後の猛の台詞と表情が何ともいえない。



イカ娘
親父の無茶振りが半端ではないw
そしてドラムセットの描写がしっかりしていて感心した。
文字通り手数が多いドラマーだw



武将バレー
さも当然のように前回のヤクザの話が続いてるのに笑ったw
しかし組長のモデルが実の父親ってどんなんだよッ!



風が如く
師匠のいい人ぶりが加速していく。
そして五右衛門に宿った神。
過去編は本当にテンポも良くて面白いな。



じゃのめ
中学生ぐらいの時期って変に異性を意識するよね。
主人公たちがえろ過ぎるせいですっかり忘れてたぜ。



次号はバキ休載。
そしてみつどもえが重大発表、だとさ。

週刊少年チャンピオン50号

表紙は弱虫ペダル。
続くぜッ!ペダル祭ッッ!!



覚悟のススメ2009 往生のススメ
巻頭袋とじッ!
まさかの散さまメインの話。
言いたいことはよく分からないが、散様のお美胸を拝見できたのでとにかく良しッ!
しかし若先生はシグルイで出てきた金色のカモシカといい、なにかあのシシ神様みたいなのにトラウマでもあるのかと。
付録のポスター、零はともかく覚悟は大分変わったなあ。
なんか大人っぽいというか、意地悪そうというか…




弱虫ペダル
巻頭カラー!
東堂はこれまでの少ない情報から想像したイメージどおりの男だったが、泉田のあとのせいか非常に常識人に見えてしまうw
いや、実際思ってたよりもずっといい奴っぽい。
巻島先輩の他のクライマーをけちらすっていうのはその異様なダンシングでタックルするって意味じゃあないよな、とドキドキしつつ、我らが主人公が坂で皆を引っ張って行くイメージ図にこれからの展開を期待していると、その活躍はイメージ図のみで早くも落車!
この展開は読めなかった!
そしてこれは御堂筋の罠か!?




バキ
脳のしわが悪魔的だからって、人格まで否定された憐れな主人公の明日はどっちだ?



浦安
中田さんに嫉妬するのり子かわいい。



ナンバDE
予想はしていたがこれは…
一方的に殴ってのも猛兄の流儀じゃないだろうに。
そして一瞬でやられた大丸、憐れ…



賭魚
まさかの予想通り「右脳と左脳の間を撃ったから大丈夫」!
一応、口径とか説明はされたけど。
これでどうやってもアヴィの敗北は無くなった。
大統領が10発装填状態でギブアップかな。
それこそ両方脳の間を平気で撃ちぬくようになったらこの勝負終わらないしw
そして、隣で顔見知りが死んでいるっぽいのに、すっかりやりきった顔のカイザーにも脱衣の続きというチャンスががが…



バチバチ
打っても打っても倒れない鯉太郎が凄いのは当然として、この至近距離でブチかまされる間に片手で何発も張り手を打てる王虎も凄い。
見開きの迫力凄い凄い。
そして鯉太郎渾身のブチかましに、ついに王虎が右手を使ってしまう!
これは勝敗は王虎ながらも、右手が怪我してないのがばれる+鯉太郎がトラウマになるナガレかな。




下手漫
著者近影のキャラ作りやサインの練習など痛々しい部分が物凄い。
『このまま彼女と「弱者同志傷をナメ合いながらがんばって生きるダメカップル」みたいな関係になれたら理想的かもしれない…!』って全く理想的じゃねぇよww
いやダメだと自覚している時にダメな人と一緒にいるのが心地いいのは良く分かるが…



ネコチワワ
新連載。
…あの、前回のガリガリと同じようなナガレじゃあ?
タイトルから察するにネコとチワワは毎回出てくるのだろうか?



武将排
ヒロインが可愛いのは良かったが、練習はもうちょっと効果的だと思われるようなものにしていただきたい、屁理屈でもいいので。
そして意外とあっさり兄登場とか、前回のリーゼントが全然出ないとか、今度はアフロが出たとかなんかそんな。



風が如く
悪人面の師匠が普通にいい人で驚いた。
前回までこの人のせいで五右衛門がグレたと思っていたのが申し訳ない!
むしろ五右衛門が普通にイっちゃってただけだった。
どう考えても五右衛門が悪じゃん?



じゃのめ
本当にパパハーレム展開が来るとは…阿比恐ろしい子!
「邑お兄ちゃん(ハート)」の出流はえろい。
そこに限らずえろいけど。
そしてパパの口説き文句にこれでもかというほどツンデレのテンプレ反応をみせる出流。
かわいいよかわいいよ。
どう考えてもこのマンガ最強キャラはパパさん。



次回も続くよペダル祭。
来週の40周年企画は「オヤマ!菊之助」。
思いっきり絵柄が変わっていたり、昨今の規制が厳しい情勢でどうなるのか、さて。
プロフィール

デス川

Author:デス川
ネタなんだかマジなんだか解らない、馬鹿格好良いマンガやらメタルやらを好みます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。